ニキビを治す

部位別ニキビの特徴

「おでこ」「口周り」「鼻」「背中」など様々な部位にできるニキビですが、それぞれどのようなことが原因でニキビが発生するのでしょうか。

 

おでこ

 

おでこにできるニキビはシャンプーやトリートメントの洗い残しが原因になることが多いです。シャンプーなどをしっかり流したつもりでも、髪の生え際などに洗い残しがある場合には、おでこにきびなどの原因となります。また中学、高校時代のいわゆる思春期の時代のにきびはホルモン変化などによる皮脂の過剰分泌が原因と言われています。

 

口周り

 

口周りにできるニキビは、無意識に触りやすい位置にあるため、考え事をしている時に手で触ることが原因で起こりやすくなっていると言われています。手で触ってしまうと、指についた雑菌などによりニキビが、さらに悪化します。また、口周りは髭剃りなどでカミソリの刃が当たることも多いため、その刺激によりニキビができやすいとも言われています。逆反りなどをして髭を剃るようなくせがある方は、肌を傷つけている可能性が高いため、特に注意が必要です。

 

 

「いちご鼻」という言葉があるように、鼻のニキビはかなり気になります。女性であればメイク汚れなどが詰まってしまい黒ずみなどが目立ってしまうことも多いようです。また、小鼻はニキビができやすいというのが有名ですから、意識してしっかりと洗いすぎてしまうことで肌が荒れ、逆にニキビの原因となっているとも言われています。