ニキビを治す

ニキビを治す方法 まとめ

ニキビは思春期だけではなく、大人になってからもできるものです。思春期の頃は「ホルモンバランスの乱れ」、大人になってからは「生活習慣の乱れ」やストレスが原因でニキビができやすくなります。

 

思春期と社会人ではニキビの起こる原因は違いますが、ニキビのできるメカニズムは同じです。ニキビのできるメカニズムは「皮脂の過剰分泌による毛穴が詰まること」で起こります。そのため、洗顔などで毛穴に詰まった皮脂をしっかりと洗い流してあげることと同時に皮脂が過剰分泌されないように気をつけることが重要です。しかし、ニキビを治し、できにくくするためには、洗顔料を繰り返し行うなどし、ニキビの原因となる皮脂を完全に洗い流してしまうのはいけません。

 

皮脂は本来、顔の肌を守るために必要なため、「皮脂の取り過ぎる」と肌はどんどん皮脂を分泌してしまうため、結果的にニキビの原因になってしまうのです。そのため、ニキビを治したければ、洗顔などで皮脂をしっかりと洗い流した後は、化粧水や乳液で油分を補給してあげることが重要です。

 

洗顔などのスキンケアだけでなく、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を多く含む、ニキビに良いとされる食品を多く摂取し、「炭水化物」「糖質」「脂質」「アルコール類」などのニキビにあまり良くないとされる食品を控えながら、バランスの良い食生活を送るということも非常に重要です。

 

市販のニキビ対策洗顔料やニキビ用パックなどでニキビを治そうと頑張っている方は多いですが、ニキビが治ったという方はあまりいないように感じます。それはニキビができるメカニズムを良く分からないまま、なんとなくニキビに良さそうな対策をしてしまうためです。

 

ニキビの原因やメカニズムを知って、普段から気をつけていれば、今までよりニキビの悩みは格段に少なくなるはずです。食生活や生活習慣はなかなか変えられない場合もあるかもしれませんが、ニキビで悩まない生活を想像すれば、きっと生活習慣などは今よりももっと改善できるはずです。

 

「ニキビが顔にできるとみっともない」というだけでなく、ニキビは身体が出しているSOSのサインです。ニキビができるということは、何か身体に無理をさせているということです。他の誰のものでもない自分の大切な身体ですから、日頃からしっかりと労ってあげるようにしてください。