ニキビを治す

ニキビの種類と特徴

ニキビは炎症度によって、いくつかの種類に分かれます。代表的なところでは、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビです。名前からも分かる通り、これらは種類により色が違うため、見た目にもわかりやすいです。ニキビの種類と特徴について、お話ししていきます。

 

 

白ニキビ

 

白ニキビはニキビの初期段階にあたります。白ニキビは皮脂などが毛穴に詰まった状態であり、まだ炎症がそこまで進行していないため、この段階できちんとケアを行うことで、赤ニキビなどになる前に治すことができます。

 

黒ニキビ

 

黒ニキビは白ニキビが酸化した状態のものを指します。白ニキビを放置すると、白から黒に色が変わります。しかし、この状態はあくまで酸化しただけのため、炎症も進んでいないため、きちんとケアをすることで比較的早く治すことができます。

 

赤ニキビ

 

赤ニキビから要注意です。ニキビは皮脂などが毛穴を塞ぐことによりアクネ菌が増殖することで起こりますが、黒ニキビを放置すると、アクネ菌が増殖し、炎症が進み赤ニキビとなります。炎症が進むため、赤ニキビからは触れると痛みを感じるようになり、皮膚が炎症を起こした状態になるため、治すのに時間がかかります。

 

黄ニキビ

 

赤ニキビの状態から、さらに炎症が進むとニキビの中に膿が溜まった黄ニキビへと変化していきます。赤ニキビよりも炎症が進んでいるため、さらに痛みを感じるようになります。ニキビを潰して、溜まった膿を外に出そうとすると、ニキビ跡になってしまうため、絶対に避けるようにしましょう。