ニキビを治す

ニキビを治す方法

ニキビのできるメカニズムは「皮脂の過剰分泌による毛穴が詰まること」で起こります。そのため、洗顔などで毛穴に詰まった皮脂をしっかりと洗い流してあげることと同時に皮脂が過剰分泌されないように気をつけることが重要です。

 

まず、毛穴に詰まった皮脂をしっかりと洗い流してあげるには、市販のニキビ対策洗顔料などで優しく洗ってあげましょう。こすったり、時間をかけすぎるのは肌荒れの原因にもなりますから、良くありません。手早く優しく洗ってあげることが大切です。

 

また、ここで重要なことは「皮脂の過剰分泌を抑えるようにする」ということです。ニキビの原因が「皮脂」ということは多くの人が知っているため、洗顔料を繰り返し行うなどし、しっかりとニキビの原因となる皮脂を洗い流そうとします。しかし、そうすることで逆に皮脂の過剰分泌させる原因を作ってしまっているのです。

 

皮脂の過剰分泌の原因は主に2つです。「皮脂の取り除きすぎ」もしくは「ホルモンバランスの乱れ」です。皮脂は本来、顔の肌を守るために必要なものです。皮脂は肌の水分を留めておく働きがあり、同時に雑菌などから肌を守るバリア効果もあります。そのため、皮脂がなくなると肌は毛穴から皮脂を分泌し肌を守ろうとします。この皮脂を何度も洗顔などで洗い流すことで、肌はどんどん皮脂を分泌してしまうため、結果的にニキビの原因になってしまうのです。

 

そのため、ニキビを治したければ、洗顔などで皮脂をしっかりと洗い流した後は、化粧水や乳液で油分を補給してあげることが重要です。

 

また、ホルモンバランスの乱れも皮脂の過剰分泌につながります。思春期や、仕事が忙くてストレスがたまるとニキビができやすいというのは、このためです。ストレスや生活習慣の乱れ、思春期などでモルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されることが分かっています。思秋期のホルモンバランスの乱れは防ぐことが難しいですが、それ以外であれば、普段からきちんとした生活習慣を送れるように気をつけるようにすることが大切です。

 

食生活の改善ができないような場合は、乳酸菌サプリもお勧めです。乳酸菌には整腸作用や便秘解消などのほかにニキビによいとされるものがあります。