ニキビを治す

ニキビに効果のある食品

ニキビと食生活には大きな関係があります。普段口にする食品の中には、ニキビを効果的に治すのに役に立つものがあります。

 

まず、ニキビを治すのを助けるといわれているのが、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどの栄養素です。

 

ビタミンAは「皮膚や粘膜の働きを活発にし、雑菌やウイルスの侵入を防ぐ効果がある」と言われています。ビタミンAを多く含む食品として有名なのが「牛乳」「卵」「ニンジン」「ほうれん草」などです。

 

ビタミンB2は「糖質やたんぱく質などの代謝を促す」と言われています。これが不足すると毛穴が詰まりやすくなり、結果としてニキビの原因になります。ビタミンB2を多く含む食品は「牛乳」「卵」「レバー」「いわし」「納豆」「ホウレン草」などになります。

 

ビタミンB6は「皮膚の老化を防ぐ」と言われています。それにより、ニキビができた後の色素沈着などを防ぐ効果があります。ビタミンB6を多く含む食品は「卵」「鶏肉」「レバー」「いわし」「バナナ」などです。

 

ビタミンCは「コラーゲンの合成に必要で肌のシワ、たるみを抑え、肌の炎症を防ぐ」効果があるとされています。「レモンを始めとする柑橘類」「イチゴ」「ブロッコリー」などです。

 

ビタミンEは「抗酸化作用があり、ニキビの原因となる酸化を防ぐ」とされています。ビタミンEを多く含む食品は「ウナギ」「アーモンド」「アボカド」「カボチャ」「ホウレン草」などです。

 

これらはニキビに効果があるため、ニキビに悩む方は積極的に摂取したい食品になります。しかし、逆にニキビにはあまり良くないとされている食品もあります。それは「炭水化物」「糖質」「脂質」「アルコール類」などになります。

 

なぜ、これらがニキビには良くないのかということは割愛しますが、ニキビに悩んでいる方は、これらの食品はなるべく食べないようにする方が賢明です。もちろん、ニキビに悪いからと少しも食べないのはいけません。ニキビに良い食品を多くとるようにしながら、ニキビにあまり良くないとされる食品を食べる量は控えめにしておきましょう。